カテゴリー「パソコン・インターネット」の57件の記事

2016/06/26

Kingsoft Officeのアップグレードが無料だと知らなかった

Kingsoft Office 2013を割とよく使っているので、今春2016にバージョンアップしたのを購入しようかといろいろとネットを彷徨っていたのですが、なんとこれ、無料でアップデートできるのですね。

全く知らなかったので、あやうく購入するところでした。

Kingsoftのホームページの(ココ )を見ると、次のように書いてあります。

Ws000000

というわけで、Kingsoft Office2013がインストールされている場合、(ココ )から「体験版を無料ダウンロード」をクリックして、体験版をインストールすると、自動的に2016にアカウントが紐付けられてユーザ認証されて、以降PC内のKingsoft Office環境が2013から2016に置き換えられます。

Ws000001

わかりにくいのはちょっとという感じではありますが、無料なのはなかなか良心的だと思いました。

| | コメント (0)

2015/09/25

NetFlixが私にはデジタルコンサートホールが必要と教えてくれた

NetFlixを体験してきて思ったのは、自分が見たいのは本当にこれなのかな?ということです。

『孤独のグルメ』がNetFlixラインナップの中で一番面白いと思ってしまった私にとって、ちょっと古めの洋物テレビドラマが中心のサービスは何かちょっと違う。

このサービスを受けたことが、有料チャンネルに自分がどう関わるかを考える機会になりました。

現在お金を払って見ているテレビ放送は、
・J:COMスタンダード~77ch(地デジ等含む)
・WOWOW
・グリーンチャンネル
・NHK
というわけで、結構それなりに投資していて、これにあと1000円足すかどうかということなのです。WOWOWに入っていなければ無料期間が終わってもNetFlixを継続することでしょうが、WOWOWの連続ドラマWが大好きなものとしてはそうもいかない。

例えば今が2~3月だったらF1見たさにフジテレビNEXTに入った方が趣味に合いそうですし、AKBグループに力を入れそうなAmazonプライムビデオも興味津々。4K放送が増えつつあるNHKオンデマンドも捨てがたい。

また、今契約しているJ:COMスタンダードのSmart J:COM Box (WA8000)で実質あと500円足すとチューナーが4K対応になるのでそれも面白そう。12月から4K放送も増えそうですし。

-----★-----★-----

で、そうこうしているうちに本命発見。それはソニーが力を入れている「デジタルコンサートホール」です。ベルリンフィルの映像を大量に抱えているサービス。

Ws000000

今までBDレコーダなんかを購入するとだいたいホームメニューにこれがあって、いつも何とも思っていませんでしたが、有料チャンネルどうするかなと思っている状態でブラビアのX8500Cのホーム画面にあったこのアイコンに目が行ってしまいました。

30日19.9ユーロですから今のレートで2685円でしょうか、1年だと149ユーロで約2万円。

ユーザ登録すると1ヶ月使えるということでさっそくPC側で登録して、テレビ側でログインしてアイコンをクリックしてみると……いきなり画面上部に「次のライブ中継まであとxx日xx分xx秒」の表示が!!

Img_20150923_222755

これはも、も、もしかしてベルリンフィルの生中継が見られるのでしょうか。だとしたら、年間2万円、つまり月1800円くらいだと相当安いのでは…

と思いつつ、アーカイブ内を眺めてみると、指揮者・ソリスト・作曲家毎に過去のライブ映像があって、ちょっとしたことになっています。

私の大好きなリヒャルトシュトラウスの『4つの最後の歌』やヴェルディの『聖歌4編』なんかは今年2015年に演奏会で取り上げられていて、勿論それを閲覧することもOK。

Img_20150925_200336

見ていると、終演後にちゃんとオーケストラの面々がステージから袖に戻るところまで、最後の最後まで映像化されているので、昔の欧州物のように拍手の時間が15秒くらい、なんてことはありません。

昔はアメリカのクラシック音楽の映像は最後まで映像で見せていたものの、ヨーロッパは演奏が終わるとすぐに映像も終わるものがとても多かったのです。

-----★-----★-----

ただし、おそらくソニーが関わることになる以前のもの、例えば、ものすごく見たいと以前から思っていた、アバドが病床から復活した直後にやったヴェルディの『レクイエム』とか、小澤征爾のカラヤン記念の全編などはありません。

バーンスタインがベルリンでやった一期一会の超絶名演とかは当然無いだろうと思ったら本当に無かったのもちょっとがっくしですが、とりあえず最近なのでしょうか、漏れなく撮り始めたのは。

Img_20150923_222536

いずれにしても、こういったライブラリものはおまけと考えると、ベルリンフィル演奏会の生中継に1800円はかなり安いと感じてしまう私にとっては、ネット配信の大穴としてデジタルコンサートホールが浮上したのであります。画質と音質も非常に素晴らしい。

やはりお金を払うのは価値観との釣り合いですから、例えばJKT48の劇場からの生中継を毎晩やってくれるチャンネルがあれば、それは月10000円でも必ず加入するわけです。

NetFlixの無料期間終了間近になったことが、有料チャンネルと自分の関わりをもう一度考えさせるキッカケになりました。

| | コメント (0)

2015/09/13

App Storeのダウンロード激重をGoogle Public DNSで解消

9月の第2週目あたりから、アップルのApp Storeからのアプリダウンロード/アップデートが重すぎて、事実上「出来ない」状態になっていました。10MBくらいのダウンロードに1時間ほどかかる感じです。

といってもApp Store内の各リンクページの表示速度はまったく問題無く、ファイルのダウンロード/アップデートだけが遅い状況。

WindowsPCでもMacPCでもモバイル端末でも、同じルータを使ってる限り、出来ないものは出来ない状態です。

で、ググってみると、iPhoneのアプリ更新が重くなったとか、iTunesからの音楽ダウンロードが重くなったといった報告がいくつかありますね。

9月上旬にアップルかJCOMが何かやったとしか思えないのですが、とりあえず幾つかのサイトで報告されている「Google Public DNS」の利用で解決し、かつ数字上の通信速度も向上しましたので防備録。

通常はDNS設定は「自動」か、あるいはプロバイダ指定の数値が入っていますが、これを8.8.8.8と8.8.4.4にしてやります。

なお、Google Public DNSの説明ページは(コチラ)。ここに、8.8.8.8と8.8.4.4である旨、また、これを使うとこんな良いことがあるよ、みたいなことが書かれています。

ちなみに最近のAndroidスマホのWiFiの詳細設定を見てもらうとわかるのですが、Androidスマホは最初から8.8.8.8,8.8.4.4になっています。つまり、多くの人々は知らないうちにGoogle Public DNSを使っているわけです。

◆◆◆PC
Windows0
コントロールパネルの「ネットワークとインターネット」で「ネットワークと共有センター」をクリック。
Windows1 「アダプターの設定の変更」をクリックして表示されるネットワークアダプタを右クリックして「プロパティ」を選択。
Windows2 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択して右したの「プロパティ」をクリック。
Windows3 「次のDNSサーバーのアドレスを使う」を選択し、優先DNSサーバーを8.8.8.8に、代替DNSサーバーを8.8.4.4にする。

◆◆◆アップルモバイル端末(私の場合はiPod touch。)
Ios1
「設定」から「Wi-Fi」を選んで接続しているWiFiの右の(i)をタップする。
Ios2 DNSのところに「8.8.8.8,8.8.4.4」と入力し、DHCPリースを更新をタップする。

と、これで母艦もモバイルもGoogle Public DNSを使う設定になり、App Storeからのダウンロード/アップデートがスムーズに進むようになりました。

-----★-----★-----

で、これをやったらやはり噂どうり、ネット通信速度も向上しました。

母艦PCのビフォー
Defaultdnsdown Defaultdnsup
母艦PCのアフター
Googlednsdown Googlednsup と、Down23.0/Up2.5→Down44.2/Up5.4Mbpsに。

っていうか、JCOMの160Mbpsタイプの契約なんですが、日曜夜ということを差っ引いてもどっちにしても遅すぎ!!

パブリックということでまったく問題無しかどうかは怪しいのですが、アップル/プロバイダ間の問題が解消したらDNSを自動に戻すとして、しばらくはこれで使ってみます。

(2015.9.14追記)J:COMサポートから、「他の方からも同様なApp Storeダウンロードに関する相談があり、現在技術スタッフが原因究明中です」との返答がありました。しかも驚くことに、「改善しない方はGoogle Public DNSをご利用ください」と付記されています。つまり、JCOMさんも「今はGoogleのDNSの方がいいですよ」と言っている状況です。

| | コメント (0)

2015/07/31

Windows10(64bit)で馬三郎は問題無し

新しいモノが出ると飛びつきたくなる私としては、勿論Windows10はWindows Updateを待たずにUSBメモリを使った経路でインストールしました。64bit版です。

で、最近では「PC=馬三郎」になっていて、それ以外のIT利用はXperia Z3 tablet compactがほとんどという状況だったのですが、当然馬三郎は動くだろうと思ってアップグレードしたところ…

Ws000000
このように起動時にエラーが!

これはヤバいと思ったのですが、エラーコード211を使い方マニュアル(コチラ )で見たところ、これはライセンス情報が壊れてしまったためとのこと。

Ws000004
さっそくこのオンラインマニュアルにリンクされている「ライセンス削除ツール」をダウンロードしてライセンス情報を初期化。

Ws000001
その後問題無く馬三郎が動作するようになりました。馬柱の文字のズレみたいなのは一切ありませんし、過去レースのVTRも問題無し。

また、過去に自分が買った馬券の成績情報など、IDに紐付けられているものは全て無事残っています。これはユーザーのいろいろな情報が相手側クラウドに保存されているからなのでしょう。たしかに、自分が表示させている予想家情報は他の例えばWindowsタブレットから馬三郎を立ち上げても引き継がれていることからもわかります。

Ws000003
というわけで、ATOKやKingsoft-OfficeやESET smart securityやShurikenも問題無し、フリーソフトのOrchisも大丈夫、FireFoxを使ったみずほ銀行や楽天銀行の動作も大丈夫、スムースにWindows10に移行しました。

Ws000005
ただ、見かけ上あまりに変化が少なすぎるので、私のようなWindows8.1の人は物足りないかもしれません。

| | コメント (0)

2015/07/17

iPod Touch第6世代、迷わず購入

昨日iPod Touchの第六世代が発売されたのでさっそくアップルストアから購入しました。

第六世代という表現が公式にはされていなくて、名前の後ろに6が入っていないのはアップルの最近の流れだと思うのですが、配達されて動作させるまで、本当に新機種なのかとちょっと不安になりましたが、当然問題無し。

第五世代も発売日に買いましたが、さすがに電池がヘタって来ていて、このままTouchの新型が出なかったらAndroid端末の白ROMでも買おうかと思っていた矢先に突然の発表だったので非常にラッキーでした。

で、その第五世代は2012年10月発売でしたが、この頃といえば、例えばGalaxyだと NoteII、XperiaだとまだZ型番前のSXとかAXの時代、windowsだと8がリリースされた頃ですから、さすがに時代遅れ、電池のヘタりと処理の重さが目立つiPodになってしまっていました。

そして待望の新機種。スペックは各所で記載されていますから書きませんが、相当満足度の高い動作をしてくれます。

-----★-----★-----

購入したのは折角アップルから直だったので専売モデルのレッドにしましたが、結構深みのある色です。
Img_20150717_212348

表は白。
Img_20150717_220520

先代との外見の違いはストラップを付ける場所が無くなったことくらいでしょうか。
Img_20150717_220926

中身も11acに対応したくらいのものですが、あ、あとはPages/Numbers/Keynoteが標準で入っていて、アップデートをするとその中身がダウンロードされるようになっていますが、いずれにしても今回のフルモデルチェンジはA8採用が全てで、それだけでも超絶進化だと実感させられました。

なお蛇足ですが、先代からの代替えは、新端末をPCに繋ぐとiTunes上に「新端末として使う」か「前端末をこれに復元するか」みたいな選択肢が出ますので、後者を選べば簡単に置き換えが出来ます。

さてとりあえず、やることはやったアップル、この端末を忘れていなかったようで嬉しかったのであります。

| | コメント (0)

2015/06/25

セゾンカードのキャッシングリボの一括繰上返済

どうも最近お袋様がお金貸してと言ってくると思ったら、セゾンのキャッシングリボをうん十万円してしまったようで、理由を聞いてみると「カツラを買った」からだそうな。

で、このキャッシングが年利15~18%なわけですからそれはかつての消費者金融と変わらない。

何が違うかというとリボだから月払いが非常に少ないことで、逆に言うと返済期間は超長期。

この返済のために生活費が困るという何ともはやリボ地獄入り口にいることが判明したので私が残高の一括繰上返済をしてきましたので防備録。

-----★-----★-----

まず、セゾンカード裏にある電話番号に電話して仕事場から残高を聞こうと思ったのですが、金額に関しては本人以外には一切応えられないとのこと。「ご子息様に教えられることは一切ございません」とかなり冷たい対応でした。

◆→本人以外に対してはセゾンのオペレータはほとんど何も語ってくれません。

しょうがないのでセゾン対応のコンビニのATMに行って残高確認。

コンビニ(ローソン)のATMにセゾンカードを挿して暗証番号を入力すると、「入金」とか「残高照会」といったメニューが出ますので残高照会をして確認しました。

で、コンビニや、セゾンの場合はみずほ銀行なんかでも入金は可能なのですが、セゾンATM以外は1万円単位での入金しか出来ず、しかもおつりが出ないため、端数がある場合の一括繰上返済はセゾンATMでしか出来ないのであります。

この際Netアンサーでのオンライン返済は除外して考えています。

◆→セゾンATM以外だと1000円単位以下の端数の入金が出来ない。おつりもでない。

(セゾンのATM所在地検索はコチラ )

-----★-----★-----

というわけでコンビニATMで残高確認して銀行で現金を下ろして近所のセゾンATMへ。

よく西友の裏側とかにありますね。なんというか、表の日の当たる場所に無いのがいかにも後ろめたい感じで好きではありません。

セゾンATMにカードを挿して「入金」を選択。コンビニATMでの操作時と違って、セゾンATMでは入金に際してはパスワードを聞いてきませんでした。

するとキャッシングの返済なのかショッピングの返済なのか、一括なのか一部なのか、未確定分なのかどうなのかといった観点からの選択肢が4つ出ますので選びます。

私の場合「未確定のキャッシングの一括返済」を選んだのですが、なぜか「このカードではその操作ができません」との表示。

あれれと思って、「未確定の」の表示の無い「キャッシング+ショッピングの返済」を選択すると、今度は問題無く画面に残高が表示されました。

ところがコンビニATMで表示された残高よりも結構多い。

何でかというとショッピングの分も入ってきているからで、西友での買い物分も表示されているわけですね。まあしょうが無いのでこれも私が払ってあげることにしました。

◆→セゾンATMで「このカードでは入金出来ない」みたいな表示が出たら、他の選択肢での入金もやってみましょう。もしかしたら返済日と〆日の関係もあるのかもしれません。

-----★-----★-----

キャッシング+ショッピングの残高を入金する札入れ部分が開くので挿入、1円単位の小銭も使えますし、おつりも出ます。

そしてあっさりと一括繰上返済は完了。

家に帰ってセゾンNetアンサーで確認します。

Netアンサーの「ご請求内訳」の欄は14日時点の金額になっていますので、「ご利用明細」では今日一括返済した情報が反映されていません。

Ws000001

◆→「ご請求内訳」はリアルタイムに入金が反映されない

そこで「ご利用可能額照会」のタブをクリックします。

Ws000000

すると、キャッシングリボの上限額と、今幾らまでキャッシングできるかが表示されますので、これが同額であれば残高は0ということですから、ここをみればセゾンATMでの入金が滞りなく済んだことが確認できるわけです。

Ws000002_2

◆→「ご利用可能額照会」で繰上返済の状況がリアルタイムに確認出来る

-----★-----★-----

あと気をつけること…というか気をつけないこと、と言った方がいいと思うのですが、セゾンのサイトのあちこちに「23日前後~口座引き落とし日4日後までのご入金について」とあり、「二重のお支払いとなる可能性がございます。つきましては、口座残高をご確認いただき、引き落としされないようご注意ください」とあります。

Ws000003

これは多く取られるんじゃないかと不安になる書き方になっていますが、セゾンに電話をしてあらためて確認したところ、当然「二重に引き落として残高が無い場合には返金します」、とのこと。

残高がまだある場合はその返済に充てられるわけですが、一括繰上返済をする場合に、口座残高をゼロにしてセゾンが二重に引き落とせない状況に無理にする必要は無いということです。

もちろん、二重分の返金まではしばらく間が開きますので、そのへんはどっちを取るかは利用者次第でしょうし、「特に、総合口座をご利用の場合は、「当座貸越」にご注意ください。」という注意書きが当てはまる人は要注意。

◆→二重のお支払いとなる可能性がございます、との表示はもちろんそうなった場合には返金しますよ、ということが行間にあります。

で、23日~4日までの入金で迷っている人は、5日まで待つ必要は無いどころか、やはり1日でも早い方がよいわけです。なぜならば日割りで利息が増えていくからで、そういう機微がセゾンの説明ではとてもわかりにくいのです。

◆→日割りで利息が増えるので入金を5日まで待つ必要は全くありません。

というわけで、母親のカツラ代金を払って懐が寒くなったのでありました。

| | コメント (1)

2015/06/21

JBL Pebblesは噂どおりの凄いスピーカーだった

Ws000000 PC用のスピーカーに口コミ評価の高いJBL Pebblesを購入しました。ヨドバシドットコムで5430円。

これまではサンワサプライの2.1ch MM-SPSW8BKを使っていましたが、値段的にはより低価格になったものの、音質は格段に向上。

で、このPebblesはやっぱり凄い。

高域はやや不足しているかもしれませんが、とにかく音の奥行き間が素晴らしいのです。形状がそうさせているのかもしれませんが、コンサートホールで手前の方の楽器と奥の楽器が立体的に掴めるのと同様な聞こえ方をします。

Img_20150620_210823

それから低域がうるさくならずに迫力向上。これは夜使う時にはとてもありがたいことで、振動を伴うようなウーハーの感じは無いものの、例えばチェロの響きでは弦のピョ~ンとした振幅を感じることが出来るのです。

音がぶ厚いのにうるさくないのはまさにPC脇で長時間鳴らしておくのにピッタリで、実に良く作られたスピーカーだと思いました。

左右スピーカーをつなぐオーディオケーブルは、24inch以上のモニターですと、念のために30cmくらいの延長ケーブルも一緒に買った方がいいかもしれません。無くても届くには届くのですが、遊びがあまりなくなります。

それからUSBケーブルですが、机の上にスピーカーを置いて、机の下にPCを置くような環境ですと、2mくらいの延長ケーブルを用意した方が安心です。

唯一の欠点はヘッドホン端子が無いことでしょうか。それにしても超人気になっているのもわかる高音質低価格スピーカーで、満足度の高い買い物となりました。

| | コメント (0)

2015/03/23

24TwentyFour最新作を見た話やVivoTab note8で馬三郎の話

一ヶ月近くぶりです。途中で『24 TwentyFour ~Live Another Day~』を見た感想を書きかけたのですが、このシンプルなストーリーのわりにはいろいろと複雑になりすぎて途中で書くのをやめてしまいました。

ただ一点、特典映像に入っている『独房より』は必見!

確かシーズン6あたりで逮捕された元CTUのトニー・アルメイダのその後を描いているのですが、彼に脱獄をしかけた人は誰なのか、そしてこの人達は善なのか悪なのか、次期24にどう関わってくるのか…

脱獄マップを仕掛けたアイテムをトニーに渡すよう弁護士にけしかけた電話の声はなんとなく聞き覚えがあるゾ…と…

Img_20150306_213727

いずれにしても歴代TwentyFourの中でも最高傑作の「Live Another Day」と「独房より」を見て、セル版を買った元は取ったのであります。

-----★-----★-----

で、話は変わって、ASUSのVivoTab note 8というWindowsタブレットを買っていろいろと遊んでおります。

24000円ほどで買える低価格モノですが、ワコムのペンが使えますし処理も中々速くていろいろと役に立っています。

一番使っているのがコレ

Img_20150322_231911

ネット競馬新聞の馬三郎をVivoTabにインストールして、遂にベッドに寝転んだままの競馬予想が本当の意味で実現しました。

普通に過去レースのVTRも見れますし、IPAT連動機能で投票も可能。

グリーンチャンネルでパドックや返し馬を見つつ、各馬の過去レースのゲートの善し悪しをVTR等でチェックしつつ、鞍上の近走成績を見て最後の決断と購入まで、これ一台の購入で完結。

健康診断の季節なのでこういうのは避けたいところだったのに、ますます不健康な生活を送っています。

ただし、馬三郎は同じIDで複数PCの同時起動が出来ないので、タブレットで馬三郎を起動している時は母艦の方では使えないのは注意。

-----★-----★-----

ベッドの上にはSonyのXperia Z3 Tablet CompactとVivoTab note 8の2台置きになったので、エレコムのTB-DS009CRという500円ちょいのタブレットスタンドを2個買いました。

Img_20150322_231716

ちょっとしたものですが結構便利でありまして、最近は液晶保護シートを貼らないなどいろいろとルーズになっているので、長時間の重ね置きで、例えばカメラレンズのでっぱりで下のタブレットの液晶面を痛める等の心配をしなくてよくなったのはうれしいです。

Img_20150322_231701
それからいろいろと設定したい時にはBlueToothでキーボードとマウスをつなげております。

Img_20150322_232059

というわけでまた少しずつ復活しますのでよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2015/02/11

JCOMユーザが「ドコモ光パック」を使うと損か得か

ドコモの光パックがいよいよ始まりますが、J:COMユーザに恩恵があるのかどうか、調べてみました(間違いがあったら指摘してください)。

光パックは自宅のネットとXiのパケット代を一緒に計算してしまいましょうというモノで、セットの値引きがあるわけです。

うちではWOWOWとかグリーンCHとか着信番号表示オプションとか2台目STBとか2台ともSTBは録画機能付きであるとか「おまかせサポート」とかいろいろ付けていますが、ここでは基本のところだけで比較してみます。

なお、これらオプションの部分はJCOMではたくさん付けたからと言って割り引きが無いので、比較にあたっては特に注意する必要はありません。

-----★-----★-----

以下基本的に税抜き。JCOMもドコモも長期契約割引にした場合です。また、シェアパックではなく個人利用という前提です。JCOMのテレビはSmart J:COM boxの録画機能無しとします(TVはいずれも付けるので比較においては録画機能の有り無しは影響無し)。

◆なお、「ずっとドコモ割」は、光パック有り無しに関わらず10年ユーザでマイナス600円で変わらないのでこの際除外します(コチラ)。つまり600円引きがXiデータパックにかかるか光データパックにかかるかだけの違いです。

①光パックを利用しない場合
 JCOM: TVフル/NET160/PHONEお得プラン~9,048
 ドコモ: XiデータMパック~5,000
 計14,048

②光パックを利用した場合(集合住宅)
 JCOM: TVフル/PHONEお得プランミニ~5,280
 ドコモ: 光データMパック~8,200
 ※集合住宅/プロバイダタイプ(コチラ)
 計13,480

③光パックを利用した場合(戸建て)
 JCOM: TVフル/PHONEお得プランミニ~5,280
 ドコモ: 光データMパック~9,400
 ※戸建て/プロバイダタイプ
 計14,680

【集合住宅でマイナス568円、戸建てでプラス632円】

というわけでJCOMユーザーにとってドコモ光パックにすると集合住宅だと568円安くなり、戸建てだと632円高くなるということです。

ネットはいずれもベストエフォートではありますが、JCOMの160Mbpsに対してドコモ光の1Gbpsとドコモ有利。

一方欠点は光パックのプロバイダ選択に勿論AUのJCOMが無いことでしょう。つまり、これまで使っていたJCOMメールアドレスが使えなくなることで、この部分の各サイトの登録情報変更を面倒に思うかどうか。

また、おそらくJCOMの契約からネットを外すのに工事費5000円+手数料3000円ほど(??)かかるはず。この金額はJCOMに加入する時はいつもサービスされますが、やめる時はさすがにサービスされないでしょう。さらに長期割引契約をしている場合は違約金がかかることでしょう。

JCOMのダウングレード工事はしたことが無いので、この計8000円が正しいかどうかは自信がありません。

ただし、移る先のNTT側での当面の新規割引でこれらは相殺されるという、JCOMもNTTもドコモも損をしないという、実にうまくできている料金設定になっています。

-----★-----★-----

集合住宅か戸建てかでプラマイが違ってくるのは、NTTは基本料金に反映し、JCOMは解約時にかかる費用に反映されるためだと思います。

いずれにしても思ったほど差もないことですのでこのまま行こうと思っていますが、そもそもJCOMの「おまかせサポート」/ドコモの「光リモートサポート」がどちらも同料金の500円かかるわけですが、JCOMの場合はコレに入っているかどうかで導入時の料金が大きく違ってきたりしていて、実に料金設定はヤクザな世界になっています。

そういうこともあって、いろいろな複合料金はどうやったって同じような数値になるわけで、うまく出来ているというか、出来すぎていていろいろと疑ってしまいます。

そもそもKDDIの連結子会社のJCOMとドコモを比較するからこうなるわけですが、そんなにおいしい話は転がっていないということです。

| | コメント (0)

2014/11/08

Smart J:COM BOX、他端末を使った録画管理で激重動作から解放

ソニーのXperia Z3 tablet compactを買ったので、寝転がったまま出来ることをいろいろと開拓していた時に、タブレットを使ったJ:COMの使い勝手の部分でわかったことがあるので防備録です。

J:COMホームページにある「MY J:COM番組表」のリモート録画予約機能の説明のところに対応機器一覧があって、その中にHUMAX系のSmart J:COM BOXのSTBの名前が無いのですが、実は問題無く利用できます。

あのリストにWA-7000やWA-8000が無いのでSmart J:COM BOXユーザは使うのを諦めていたのではないでしょうか。

もしSTBを使わずに録画予約管理が出来れば、あの重い動作から解放されるのではということでチャレンジ。

ポイントはリモート録画機器として使う、という設定の方法に16桁のIDを使うやり方と、タブレット端末に表示されるパスワードをSTBに入力する方法があるので、それを間違わなければOK。

-----★-----★-----

WA-8000(たぶん他のWAシリーズでも同じかと)の設定画面の中の「リモート録画機器設定」をクリック
Dsc_0001

パスワード入力画面にしておきます
Dsc_0002_2

タブレットのブラウザでMY J:COM番組表の「リモート録画機器設定」でPioneer製BD-V8000RJ/BD-V8001RJを選択してクリック。(後でわかったことですがこれらの動作はわざわざタブレットの小さい画面でやらなくてもPCからでもOK)
Screenshot_20141108164650

「パスワードを発行する」をクリック
Screenshot_20141108164724

画面にパスワードが表示されるので、これをWA-8000のパスワード入力BOXに入力。

以上でOK。

以降、番組表にある「録画予約」をクリックすればWA-8000の録画予約リストに追加されるようになります。
Screenshot_20141108164538

このようにWA-8000の予約リストには「リモ録」と表示されています。
Dsc02221

-----★-----★-----

ここまでやってわかったのだけど、これってわざわざタブレットの小さい画面でやらなくてもパソコンでやればよかったのだと(-_-;

で、結構便利なのが、こういう設定をするとタブレットからでもPCからでも録画予約をすることのみならず録画リストも見られることなのです。

つまり、PCやタブレット端末でMY J:COM番組表サイトの「リモート録画予約」タブから「録画予約一覧」を見ると、
Ws000001

何を録画予約していて、それぞれの時間的重なりとか同時録画数とかを自分の好きな端末から確認出来るようになったわけです。おまけに予約取り消しもこの画面から出来ます。

Smart J:COM Boxの録画予約やその確認など、リモコンの反応が遅くてイライラする、とお嘆きの皆さん、MY:JCOM番組表を使って、PCやタブレットから録画予約や確認をすると一気にスッキリしますので、やってみてください。

そしてこの番組表をスマホからアクセスすると………、なんと外出先や仕事場から番組予約できるようにもなるわけで、これもかなり便利ポイントですね。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧