カテゴリー「デジカメ」の10件の記事

2012/02/26

梅を探して

別ブログのα350ぶら下げてに細かく書きましたが、梅の季節(のはず)なので梅の写真を撮りにいってきました。

すっかり手抜き人間になってきたので、デジイチではなくてコンデジの富士フィルム FinePix F600EXRでしかもEXRオートモードのみでの撮影です。

Dscf0047_2

大段幕、さてその先は…

Dscf0037_2

Dscf0043_2

なんじゃこりゃー!!咲いてない!!梅祭りどころではないのでありました!!

とはいえ、F600EXRはズームにばかり話題がいっていますが、広角で寄った時の映りがそれっぽくて実は良いのであります、ということを発見したのは収穫でした。

Dscf0041_2
赤いのは全くダメでしたが、白で何本か咲いてるのを発見。これで満足することにしました。

| | コメント (2)

2009/06/20

タムロンA09S(28-75mm F/2.8)買いました

F1000015ボーナスで何を買おうか迷ったのだけど、とりあえずタムロンのA09レンズ、つまり

SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] Macro

を買いました。フルサイズ対応ですが、使うのはAPS-Cサイズのα350。さっそく試し撮りしてきました。

何と言っても全域2.8通しで33cmまで寄れるレンズで、272Eレンズつまり90mmマクロと並んでタムロンの名玉なのですな。これからはどっちを持ってぶらつくか迷いそうです。

いろいろ撮ってみましたが、腕が追いつかなくて空の雲がどうもうまく映らない。それからよく言われるように、開放F値だと薄皮が前面に張っているようで、一段絞った方が良さそうではあります。

それでも実に使いやすいレンズです。次世代の名玉かもしれない

SP AF60mm F/2 DiII LD [IF] MACRO 1:1 【G005S】

の予約もすでに始まっているようで、これは冬のボーナスで是非入手したいです!!

Dsc01234

Dsc01248

別ブログの「α350ぶら下げて」にもう少しのせます。

| | コメント (0)

2009/01/12

軍手はめて写真撮り

夜な夜なソニーのα350を持ってぶらぶらしていると、いろいろと怪しまれるので、暗くなったらズームレンズではなくて単焦点レンズにしている今日この頃です。

中央競馬の無い休日は1日歩き回っていますが、寒さも厳しくなってきましたので、今日はロウバイの甘い匂いと、暖かそうな色を探して、手がかじかみそうだったので軍手をはめてぶらぶらしてきました。

ロウバイ中心の写真は別ブログの「α350ぶら下げて」に置くとして、妙に青い葉っぱとか、温室にアロエ等を見つけたので撮ってまいりました。

全てα350+名玉タムロンの90mmマクロで、WBはオート、絞り優先AFの撮影で1/600くらいになる環境です。

外に出ると、春もけっこう近いですぞ。

Dsc00620__2

ロウバイの甘い匂いにうっとり。

Dsc00630_

夏っぽい葉っぱも。

Dsc00636_

外の日射しは案外強いです。

Dsc00641_

温室にあったアロエ。

| | コメント (0)

2008/07/11

一眼レフ、リプレイス中

Sigma1020このところ、ヨドバシ・ドット・コムの配達がえらく速いのであります。東京都下の多摩地区に住んでいるのですけど、以前は、発注すると、その日の深夜にヨドバシから宅配業者に引き渡され、翌日中にメインの集積場から都下の集積場に移動し、その翌日に自宅に届いていたのが普通でした。つまり48時間以内配達が多かったわけです。

ところが、ここのところ夜20時頃に発注した場合、翌日5時にメインの集積場に引き渡され、そのままその日のお昼過ぎには自宅に配達されてきます。24時間配達どころか、ネット上で発注してから20時間未満での配達!。これではアマゾンの有料の24時間配達も立つ瀬無しです。

ガソリン高騰で、少しでも多くの荷物を集めてから移動に入った方がいいわけだから、だんだん配達が遅くなる傾向なのだろうなあと思っていたのでびっくりしているのだけど、もちろん、ヨドバシの在庫からの収集も速くなったのでしょうが、喜ぶお客さんの裏で、日本通運の配達員の涙ぐましい努力があるに違いないのであります。

-----★-----★------

というわけで、ヨドバシの「キャンセルする暇を与えない大作戦」によって、ここのところデジタル一眼レフカメラの買い換え、レンズの買い足しが進んでしまっております。

現在の私のデジイチのシステムは、

・ソニーα350
・タムロン AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II LD Aspherical [IF] Macro
・シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM
・タムロン SP AF90mmF/2.8 Di MACRO 1:1
・シグマ 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

という感じで、安物ばかりではありますが、望遠ズーム、広角ズーム、単焦点がイイ感じで揃ってきました。

Dsc00585_2

特に広角レンズがやはり最高に楽しく、近い将来、同時進行ブログの「αSweet Digitalそしてα100へ」の名前もちゃんとα350に変えて、また自己満足な写真ではありますが、アップロードしていきたいと思っています。

| | コメント (2)

2008/01/17

京都旅行へ行ってきました

Resize0012_2京都旅行に行ってきました。会社から5万円の旅行券を貰ったのですが、使い切らないといけないので行き帰りは700系のぞみ号のグリーン車、宿もホテルグランビア京都とかなり贅沢なもので、まあ滅多に無い経験をさせてもらいましたよ。700系グリーン車に喫煙車両があるのは実は驚きました。もちろんそこへ(^^;。

ホテルの各部屋はセルフバーなるものがあってコーヒーとかウイスキーとかいろいろ手をつけたらチェックアウトの時にえらい出費が!。でもおいしかったのでOK。

詳しくは左上から辿れるα100ブログと、右にあるアルバムに。

東京から2時間ちょいで到着してすぐに金閣寺と周辺の寺へ。

Resize0013

土地勘が無いので、行きは嵯峨野山陰線で円町駅下車ルート、帰りは地下鉄烏丸線で北大路駅ルートで。円町駅ルートの方がよかったですね。駅を降りて左すぐの大通りを越えて、銀行前でたくさん走ってるタクシーを拾いましたが、電車が180円、タクシーも2メーターくらいでした。京都駅から料金表を探す時に、「まどかまち」で探したら無くてアタフタしましたが、「えんまち」なんですね。まんまやん!。ただこの電車、東京でいう武蔵野線のような感じで本数がちょっとアレでしたが(^^;。

金閣寺は夕日で金色が増すので期待して行きましたが、期待以上の光り具合で最高でした。カメラの感度を落とさないと線がぼやけるほどの反射光。

Resize0015_2

翌日は朝6時過ぎから2500円するホテル朝食を食べて、市バス206系統(D2乗り場)を使って清水寺と周辺の寺へ。ところで食事ですが、夕食なんかはホテルで食べないで駅前ロータリーの巨大な地下街「Porta街」で食べた方がいいですな。1/4くらいで済みますので余ったお金をタクシー代に使った方が断然良さそう。

で、清水寺目指して靖国通りの厚生年金会館あたりまでのダラダラ坂をよりキツくしたような坂を登っていきますが、途中で「近道はコチラ→」とか看板あったりして面白かったです。下の写真はその近道ルート。本道と違って露店が無いので静かですし、遠くに見える塔がおつですね。デートなんかで行く人はこっちの方がよさそう。

Resize0010_2

Resize0007 

Resize0004_2

なぜかやたらと外人に道を聞かれたり新幹線のホームを聞かれたりした旅でしたが、京都はやっぱりいいですなあ~。特に清水の舞台の写真を見てわかるように、紅葉や桜の時期と違って、この時期は人も少なくて気持ちいいです。

| | コメント (0)

2006/02/14

月撮影に挑戦

月の撮影をしてみましたよ。撮った写真は左上のリンクから辿れる「αSweetDigitalぶら下げて」でどうぞ~。しかしこれ、奥が深いなあ。シャッター速度をどのくらい速くすればいいのか。あまり速すぎると光が足りなく陰影とかエッジが出にくくなるし、かといってシャッター速度オートでいわゆるAモードなんかで撮るともちろん真っ白しろ助になります。いろいろ実験してみたのですが、1/1250secくらいがよかったかなあ。この数値は妥当な線だろうか。ちなみに絞りはどうしたらいいんだろう。一段絞った方がいいのだろうか。またホワイトバランスは・・・・。RAWで落としてホワイトバランスは後付けの方がいいのかなあ。むおーーー頭痛くなるぅぅ。さらに、撮ったあとにどうフォトショップでいじればイイ感じになるのだろう。とりあえず今日はシャープ(のしかも自動)しかかけていません。

αのアンチシェイクの威力を信じて手持ちで撮ってみた写真をアップロードしました。次の満月の時は三脚バージョンとの比較でもしてみようかな。

しかし面白い!。これが一番だいじ(^^;。

| | コメント (0)

2006/01/21

笑う雪だるま

都会・・・??かどうかはわかりませんが、うちのそばの雪景色を撮ってきましたよ。カメラちょっと濡れたけど大丈夫かな。とりあえずワンショットのみです。

  1. PICT0015

いい~顔してるですね~!この雪だるま。子供達を見て笑っているようです。だいたい東京の雪だるまはボタン付きの服着てますね。

| | コメント (2)

2006/01/19

これっきりコニカ

yoshiko というわけで、まだαSweet Digitalを購入して1週間くらいなのに、コニカミノルタのデジカメ市場からの撤退が発表されました。ミノルタX-7つまり宮崎美子のメーカーが~!!じゃなくて、おいらのお気に入りカメラのメーカーが~!!。しかも引き受けるのがよりによってソニー。がーん。ソニーってこういう精密機械をちゃんとした品質で出すイメージが無いんだよなあ。

楽しみに待ってる35mm F1.4G(D)はどうなってしまうんでしょう。とほほ。しかしここは考えどころだ。一眼レフの元祖企業が手がけたカメラを今春以降はそこから買うことができなくなるわけで、今のいちに入手できたことは、ある意味ラッキーだったということでしょうか。いやそういうことにしておこう!。で、さっそく評判の高いプログラムフラッシュ3600HS(D)もさっき購入しましたよ。コニミノの遺産で買い残すものが無いよう。

セガが家庭用ハード事業から撤退した時と同じような寂しさを感じるなあ。これから先、αSweet Digitalを愛して良い写真を撮ることが、コニミノへの「頑張れ」エールになるのだろうから、是非精進してイイ写真が撮れるようになりたいです。

| | コメント (0)

2006/01/15

初撮りαSweetDigital

PICT0031

というわけで取り扱いマニュアル持参で、αSweetDigitalを持って、近所の東京都薬草園で初撮りしてきました。手ぶれ補正機能のテストも兼ねて三脚は無し。っていうか、三脚もってない~(^^;。詳しくは右フレームにある『マイフォト』をご覧ください。いろいろ撮ったけど、今日のベストショットはこれかな。こういう寂れた写真が大好きなのです。日の丸写真になってしまったのが今となっては残念ですが、これもまた反省ということで、次は構図をもっと研究しようと思いました。

PICT0044

やはりタムロンF2.8は背景のボケがイイ感じですね。超素人でもこのくらいの写真ならなんとか撮れます(^^;。

PICT0062

ゴクラクチョウカっていう派手な花ですが、やはりコンデジとは違うなあ。うるうる。これからいろいろ撮っていこうとやる気の出る一枚です。室内ではISO400程度、外ではISO100程度に設定しました。

αけっこうイイかもっ!。またそのうちアップロードしますので、よろしければご覧ください。

| | コメント (3)

2006/01/13

αSweet Digital買いました!

asd1 初めてのデジイチ、コニカミノルタのαSweet Digitalを衝動買いしてしまいました。一眼レフ欲しかったんだよぅ~(うるうる)。自分自身の過去の写真歴から見て、手ぶれ補正第一にこの機種に決定。クラス的にこのあたりにしたのは勿論、一眼はレンズに金がかかる!からですね。

というわけで、レンズセットではない、レンズ無しの本体のみをまずはヨドバシwebでチェック。次に標準レンズの選択ですが、AF DT ズーム 18-70mm F3.5-5.6(D)を買うくらいならレンズキットにするわけで(^^;、で、ちょっと奮発してAF DT ズーム 18-200mm F3.5-6.3(D)にチェック!。これは伸びるぞぅ~。望遠端にもっていった時の側面写真がコレ。まあ70mmまでasd3のに比べると重いのはしょうがないかな。

しかしこの11.1倍のレンズ、結構スグレ物で、オリンパスみたいに超音波でゴミを飛ばす機能とかあるわけじゃないわけで、レンズ交換を少しでも減らしたい人にとっては欲しいレンズ筆頭じゃないかな。(DTの好き嫌いはあるだろうけどね。)35mm換算で27mm~300mmってことなんだけど、どうせならαSweet Digital Wズームキットって、レンズ2本構成のセットにしないでこれを1本つけた方が喜ばれると思うのだがどうだろうか。ってなわけで、望遠はもう当面いいだろう。マクロだ~。

asd2 ここからがほんとの趣味の領域ですな(^^;。魚眼とか超広角とか、まあ遊べるからこそ一眼レフが欲しかったわけだけど、いきなりそこまで冒険する余裕も無かったので、2本目はまあ一般的な流れでマクロレンズ。これαでもいいのだけど、ボケが綺麗ってやたら評価の高いタムロン SP AF90mm F/2.8 Di Macro 1:1っていうなんだか長い名前ですが、これにほぼ迷わずチェック!。これもかなりイイかも(@_@)。405gと丁度いい重量感、これも大切。

さて電源オン!。むあぁぁぁかっこぇぇぇ はぁはぁ。という人に見せられない状況説明はやめといて、これファインダーから覗くと、手ぶれの状況が棒グラフでわかる仕組みになってるのだ。これ実はカメラの練習にはかなり効果的なグラフだよなあ・・・。どう構えたら手ぶれ少なくなるか~ っていろいろな体位で実験してみました。むぉーたしかにちゃんと構えたら手ぶれって少なくなる!(あたりまえと言うなかれ)。この感じが実は大切で、手ぶれ補正機能のあるカメラでその手ぶれの状況がまざまざとユーザーに告げられているわけですから、無意識のうちに手ぶれを起こさないように気をつけちゃうんですね。私のような素人にはいい勉強道具かも。

かくして久々にわくわくする買い物になったわけですが、これからいろいろ撮っていきたいと思います~。

| | コメント (0)