« フェブラリーステークス2017~ベストウォーリア | トップページ | 大阪杯2017~サクラアンプルール »

2017/03/23

高松宮記念2017~フィエロ

Ws000000 展開有利なフィエロ◎。

更新が滞るとだいたい一ヶ月目くらいから海外スパムコメントが鬼のようにやってくるのが「そろそろ更新時期ですョ」みたいに見える今日この頃。

さて、通常は先行馬が残るケースの多い中京芝コース、今開催に限っては差しが決まっている印象で、馬場の作りが明らかに例年と違っている。

従って普通なら春の東京・京都開催では中京で差して届かなかった馬がおいしいのだが、今年に限っては先行して粘れなかった馬が次開催の穴馬となる。

で、フィエロ。ようやく馬体に合った距離に使ってくれたと思っていて、胴の短さ、首の太さ、気性の荒さから見て6ハロン戦がプラスに向くのは間違いない。

中京の重い芝も初めての距離では好都合。そもそもが戦歴の中で戦ってきた相手が違いすぎる。

8歳とは言っても新境地を見せており、これまで35秒台中盤のテンから34秒台で上がっていたのが前走で34秒台→34秒台と駆けることが出来たのだから、千2を戦うに当たっては好走の裏打ちが出来たも同然。

デインヒルの肌だからこういう一貫したペースは得意のはずだし、このコースで連対率トップのディープインパクト産駒から唯一の出走。

栗東坂路を12.1で上がったのは何と遡ること2014年マイルCS以来のことで、この時はダノンシャークの2着。しかもゴール前で仕掛けただけであり、5ハロン53.0という激しい負荷の中でのこと。調子は相当良いと見ていいだろう。

-----★-----★-----

相手筆頭はメラグラーナ。

芝千2が7戦6連対で、唯一の大敗が2.3秒差14着と全く競馬をしていないところからも、ラピスラズリSの圧倒的勝ち方がまぐれでないことの証明となる。

鞍上的にも内田・戸崎の大井ラインというよくあるパターンか。

割って入るなら馬場さえ固ければ34秒台→33秒台という芸当の出来るセイウンコウセイか。

大きなレースだけはいつも来るデムーロのレッドファルクスは、これは騎手買い馬。

さらに、調子が戻ってきた岩田のレッツゴードンキが桜花賞以来の勝利の後で要注目、千2走破タイムを少しずつ詰めている成長力が不気味なナックビーナス、この人が中京で追うと馬が必ず伸びる藤岡康太のトーキングドラムまで。

人気になりそうなシュウジ、ソルヴェイグは先行馬からセイウンコウセイを選んだことから先行先行で決まりにくいと見て後ろ髪をひかれながら無印。

結論
◎フィエロ
○メラグラーナ
▲セイウンコウセイ
注レッドファルクス
△レッツゴードンキ
△ナックビーナス
△トーキングドラム

馬券は◎-(○▲注△△△)の馬複6点

|

« フェブラリーステークス2017~ベストウォーリア | トップページ | 大阪杯2017~サクラアンプルール »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

いや~惜しかったですね~💦
最近どうもタテ目地獄に陥ってます。
今後はもう少し買い方を工夫しないと軍資金がもちません(´д`|||)

投稿: taigiino | 2017/03/26 15:51

金杯の感じからはもう少しテンに行けると思っていたのですが、あの押っつけ通しからよく5着に来たと思いました。

私も▲△1注の結果でしたが、このレースでティーハーフに◎を打って外せるような、そんな予想をしなければ、と改めて思いました。

投稿: こら息子 | 2017/03/26 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェブラリーステークス2017~ベストウォーリア | トップページ | 大阪杯2017~サクラアンプルール »