« チャンピオンズカップ2016と翌週はお休み | トップページ | 今日入手した2つのアイテム »

2016/12/22

有馬記念2016~マリアライト

Ws000000 馬券の魅力が枠順の不利を上回るマリアライト◎。

そもそも昨年の有馬記念4着とは言っても3着キタサンブラックと同タイム、勝ったゴールドアクターとはコンマ1秒差。

後続に従えたのがラブリーデイやゴールドシップなら非凡な力を順当に示したと言ってよい。

そして今年の宝塚記念でもキタサンブラックと同タイム、2着にドゥラメンテを従えての勝利なのだ。とんでもなく強い牝馬なのは間違いない。

オールカマー5着ではあったが、マリアライトの戦歴を見れば中4週が(3,2,3,4)、3週と2週が(1,0,0,0)なのに対して休み明けは(0,0,2,2)。

この時蛯名が「負けた理由がわからない」とコメントしたのももっともな話で、それはもう理屈ではない叩き良化型の証明なのだ。

エリザベス女王杯は1角の不利が全て。鞍上もあれで意気消沈、この結果は完全無視でOK。

調教面では去年のエリザベス女王杯から有馬記念とほぼ同じ走り出しタイミングだが、今年は1本多く追えており、それはローテの2走で力を余している証拠だろう。

カサの無い同馬にとって55kgで走れる有馬記念は有利、スタートすぐにコーナーを迎える大外の不利は、前走1角の不利を忘れさせる有利にとって替わり、ここはグランプリ連勝と見て大きく買いたい。

-----★-----★-----

相手筆頭もヒネりにヒネってヤマカツエース。

12月から2月に6勝中の3勝を挙げており、寒い季節の一変に期待すると共に、金鯱賞からのローテの有利さを証明する一戦になると見る。

先行天国の中京芝コースで開幕週の大外から差して勝つのは相当な力が無ければ出来ない芸当だろう。

配当妙味の薄いサトノダイヤモンドとキタサンブラックは馬券的にはその次に置く。

以下、中山巧者ゴールドアクター、相手やレースの質に関わらず2着に来る力は持っているサウンドオブアース、近年の出世レースアルゼンチン共和国杯からシュヴァルグラン迄。

結論
◎16マリアライト
○04ヤマカツエース
▲11サトノダイヤモンド
注01キタサンブラック
△02ゴールドアクター
△06サウンズオブアース
△14シュヴァルグラン

馬券は◎の単複と◎-(○▲注△△△)の馬複6点

|

« チャンピオンズカップ2016と翌週はお休み | トップページ | 今日入手した2つのアイテム »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チャンピオンズカップ2016と翌週はお休み | トップページ | 今日入手した2つのアイテム »