« 高松宮記念2016~アルビアーノ | トップページ | 桜花賞2016~ジュエラー »

2016/03/29

風呂場の手すり取り付け工事完了

母親が毎日お風呂に入るのに苦労しているようなので、浴室に手すりを設置してもらいました。

Dsc_0038

あちこちにしがみつきながら浴槽に入るときに、器具のパッキンを痛めたりということが見られるようになったのもありますが、とにかく年老いると「ころぶ」ということが致命傷になるので、もうこれは必須工事だったのであります。

ユニットバスで壁厚が1cm無かったりして、取り付けにあたってはネジが壁の向こう側で開く特殊なものだったそうです。

で、費用は60cm手すり一本9000円の工賃5000円。写真のように3カ所取り付けたので税込み32000円です。工賃は本数に関係が無く工事全体の価格として5000円。

工事時間が4時間ちょっとと長時間かかったわりには安かった印象でした。

しかもだいぶ安心感が増しました。

手すり工事はどういう業者がやってくれるのか最初はよくわからなかったのですが、入浴→お湯→ガスという関連性からか、ガス工事会社がやってくれるという情報を掴み、電話したらすぐにやってくれたのであります。

うちの市では「高齢者手すり設置補助金制度」なるものがあって、市役所に補助が出るのかどうか聞いてみましたが、
 ・医者による入浴困難を示す診断書
 ・障害者指定
などが必要で、しかも家にきて面談してそれから1ヶ月後に補助金が出るかどうかが決まるという説明を受けて、面倒なのでやめました。

ようするに歳取って足腰が弱くなったというだけではダメなわけで、相変わらず対応がクールです。

さて、この春は給湯器の交換に17万円、モダンプレート壁スイッチの交換が1カ所5000円と、プチリフォームを余儀なくされていて、勢いでビルトインガスコンロも交換する予定なのであります。

|

« 高松宮記念2016~アルビアーノ | トップページ | 桜花賞2016~ジュエラー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高松宮記念2016~アルビアーノ | トップページ | 桜花賞2016~ジュエラー »