« 吉祥寺駅周辺の喫煙スペース | トップページ | ソニーのブラビア KJ-49X8500Cの画質設定 »

2015/07/31

Windows10(64bit)で馬三郎は問題無し

新しいモノが出ると飛びつきたくなる私としては、勿論Windows10はWindows Updateを待たずにUSBメモリを使った経路でインストールしました。64bit版です。

で、最近では「PC=馬三郎」になっていて、それ以外のIT利用はXperia Z3 tablet compactがほとんどという状況だったのですが、当然馬三郎は動くだろうと思ってアップグレードしたところ…

Ws000000
このように起動時にエラーが!

これはヤバいと思ったのですが、エラーコード211を使い方マニュアル(コチラ )で見たところ、これはライセンス情報が壊れてしまったためとのこと。

Ws000004
さっそくこのオンラインマニュアルにリンクされている「ライセンス削除ツール」をダウンロードしてライセンス情報を初期化。

Ws000001
その後問題無く馬三郎が動作するようになりました。馬柱の文字のズレみたいなのは一切ありませんし、過去レースのVTRも問題無し。

また、過去に自分が買った馬券の成績情報など、IDに紐付けられているものは全て無事残っています。これはユーザーのいろいろな情報が相手側クラウドに保存されているからなのでしょう。たしかに、自分が表示させている予想家情報は他の例えばWindowsタブレットから馬三郎を立ち上げても引き継がれていることからもわかります。

Ws000003
というわけで、ATOKやKingsoft-OfficeやESET smart securityやShurikenも問題無し、フリーソフトのOrchisも大丈夫、FireFoxを使ったみずほ銀行や楽天銀行の動作も大丈夫、スムースにWindows10に移行しました。

Ws000005
ただ、見かけ上あまりに変化が少なすぎるので、私のようなWindows8.1の人は物足りないかもしれません。

|

« 吉祥寺駅周辺の喫煙スペース | トップページ | ソニーのブラビア KJ-49X8500Cの画質設定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

競馬一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉祥寺駅周辺の喫煙スペース | トップページ | ソニーのブラビア KJ-49X8500Cの画質設定 »