« スプリンターズステークス2007~ローエングリン | トップページ | 秋華賞2007~ダイワスカーレット »

2007/09/28

プリズンブレイク2 BOX2 (ネタバレあり)

Tbagプリズンブレイク・シーズン2のBOX2を見終わりました。もちろん面白かったのだけど、正直言って少々くどい終わり方だったかなあ。遂に無実が実証されたリンカーンと薄々無実に感づいていたマホーンがキムを撃って、サラとマイケルが実を結んで…みたいなハッピーエンドで完結して欲しかった。それからBOX販売は「明日に向かって撃て」を無理矢理同梱して値段吊り上げすぎですね。関係無いけど特典映像でキム役のレジー・リーが人懐っこく話してる映像があって、完全に悪役に徹してた人だったものだからその笑顔にホッとしました。

その特典映像でプロデューサが「そろそろ視聴者も刑務所が懐かしくなっているでしょう」って言ってるように、シーズン3に向けてまたまたホームグラウンドである「刑務所」に面々が入っていきます。しかしそこは怪しげな「SONA」という監獄。とりあえずシーズン2クライマックスではマイケル・マホーン・ベリックが収監されます。よく考えたらすごいメンバーなわけで…。状況的にはティーバックも入るような気がしますが。それからスクレも近くにいるのでもしかしたら…。ベリックは役に立たないでしょうが、遂にシーズン3でマイケルとマホーンが手を結んで脱獄するのでしょうか。シーズン2前半までは想像もつかなかった展開です。天才2人で何でもできそう。しかしベリックってけっこう哀れな立ち回りですね。ティーバックはしぶとい!でも彼はある意味このドラマのヒーローですから最後まで生き延びて欲しいものです。

それからケラーマンは本当に死んでしまったのか、閣下と呼ばれていたSONAをやたらキムに吹きかけたあの老人の正体は、ティーバックに最後に面会に来て彼を絶望させたあの人はいったい…と、謎はたくさん残っています。こういったことが全てシーズン2最終話の後半30分くらいで起こっており、ついて行けなかった人も多かったはず。なぜサラはあの船の場所がわかったのかとかは描写する時間的余裕が無かったんでしょうね。

んーでもなあ、キムは最後にマイケル達に銃口を向けてサラに撃たれるわけだけども、閣下に「SONAの件は大丈夫か」としきりに言われていたわけで、この「SONAの件」っていうのがマイケルをSONA収容所に入れる事だったのだとしたら、自分が撃たれてマイケルが犯人として捕まるようにキム自らそう仕向けたのだろうか。だとしたら命をも差し出した閣下へのすごい忠義心!。

たぶんシーズン3も熱中して見ることになると思いますが、あの監獄内の様子を見る限り、生き残りサバイバルヴァイオレンスホラーになりそうでオイオイという感じです。プリズンブレイクというブランドはマイケルのクールな「頭脳」がいろんなものを救っていくところが爽快なわけで、作り手もそのあたりよろしくお願いします。

|

« スプリンターズステークス2007~ローエングリン | トップページ | 秋華賞2007~ダイワスカーレット »

テレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スプリンターズステークス2007~ローエングリン | トップページ | 秋華賞2007~ダイワスカーレット »