« 東の松岡、西の川田 | トップページ | M1210購入~Pro3100との徹底比較 »

2007/03/01

iPodだからこそ聴き取れる音符もある

Blacknano iPodを8GBのnanoに買い換えて音楽を1から入れ直してみたところ、自分の今現在の音楽の趣味みたいなものを再確認できて面白かったです。条件反射的に入れた音楽達は次のとおりでした。

●サラ・ブライトマン~Eden, La Luna, Harem, Harem Live, A Question of honour(単曲)
●ノラ・ジョーンズ~Come away with me, Feels like home
●ビョーク~Homogenic, Vespertine
●FF11~Distant World(増田いずみ)
●サクラ大戦~桜咲いた/新愛ゆえに
●R.シュトラウス~メタモルフォーゼン、死と変容(カラヤン)
●ヴェルディ~聖歌四編(ムーティ)
●チャイコフスキー~交響曲6番(カラヤン)
●ドヴォルザーク~交響曲9番(ショルティ)
●ラフマニノフ~ピアノ協奏曲1&2(小澤/ツィマーマン)、3(ハイティンク/アシュケナージ)

サラの音楽が占める容量が一番大きかったのは予想通り。でもよく聴くのはEdenとHaremですかね。ノラは2枚入れたけど実質的にはCome awayの方のみでセカンドアルバムはほとんど聴きません。Distant Worldは実はかなり好き。プロマシアミッション苦労したけどこのミッションもこの曲を産んだという意味では意義は大きかったかな。サクラ大戦はあまりにもこれまで聴きすぎたのか反動で減ってしまいました。ビョークはやっぱりJogaの頃が好きだな~。イーグルスなんかも好きなんだけど、アナログLPしか無かった。とほほ。ああDesperade久々に聴きたいなあ。

クラシック系はワーグナー、ブルックナー、マーラーといった後期ロマン派の中でも長時間ものが好きなんだけど、いざポータブルに入れるとなると迷いなくこのようになりました。特にメタモルフォーゼンと聖歌四編は大好きな一品で、いろいろと病気した時とかほんとこれらには救われました。カラヤンはR.シュトラウスやる時の渾身な感じがいい。ばらの騎士などは最高です。今一番のマイブームはラフマニノフですね。特に2番がすごい!。これはちょっとしたものです。小澤の指揮棒を使わない指揮ぶりが頭によぎるような濃密な演奏で、ツィマーマンもかつてないほど情熱的。レコードアカデミー賞受賞も納得。

それにしてもポータブル再生機って実は音楽聞く上でとても重要なものです。最近ではDVDを見ることが多くなったからか、本格的なAV装置でCDを聴き込む時間が減っていて、かけたとしても、他の何かとの「ながら」聞きになりがちです。ところがiPodのようなポータブル再生機では両耳が完全に音楽に奪われる形になりますから、意識も音楽に集中しますから、むしろ大きな再生装置での視聴よりも深く音楽を聴くことになります。ラフマニノフなんかもiPodだからこそ聴き取れた音符もあったりして、いろんな発見に驚きました。ステレオおたくだった学生時代が蘇ってきましたよ。ポータブルオーディオ侮れず!

|

« 東の松岡、西の川田 | トップページ | M1210購入~Pro3100との徹底比較 »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東の松岡、西の川田 | トップページ | M1210購入~Pro3100との徹底比較 »