« 笑う雪だるま | トップページ | インフルエンザになりました »

2006/01/27

モーツアルト250年

mophoto実はクラシック音楽は大好きで、大学時代には金が貯まるたびに上野の東京文化会館に通っていました。マーラーにはまり、ブルックナーにはまり、ついにワグネリアンになってしまったちゃきちゃきの後期ロマン派党の私ですが、やはりモーツアルトは特別な存在です。ベームのLPなんかはよく聞いたものです。

最近のモーツアルトブームはそういうクラシックファンから見ても喜ばしいことであるのは確かなのですが、どうも違うような気もするのです。それは今のモーツアルトブームが、「さわり集」を母体としてるように見えるからなんです。いいとこどりのCDはBGMとしては一過性の楽しみがあるのでしょうが、長続きはしないような気がします。カラヤンなどの「さわり集」を聞いて、ではベームのを聞いてみようとか、バーンスタインのを聞いてみようとか、そういう発展が無ければ、本物とは言えないようにも思います。

思えば、モーツアルトほど指揮者を選ぶ作曲家はいないでしょう。例えばマーラーやRシュトラウスなどは、誰が指揮しても面白い興奮する曲作りができるでしょうが、モーツアルトはそうはいきません。もともと地味なこの人の曲は下手するとほんとにつまらないものになって、そこは紙一重なんです。だからこそ指揮者の神業が必要になってくる作曲家なのです。それぞれの人の感受性があるので、ぴったり合う指揮者を見つけるのは難しいことですが、だからこそいろんな演奏を聴いてもらいたいのですね。

カラヤンの「さわり集」を聞いてそれで終わりではなく、本当に自分の感受性に合う演奏を見つけた時の感動を味わうところまで、今のブームの中で聞いている人が到達できるといいなあと思います。

|

« 笑う雪だるま | トップページ | インフルエンザになりました »

音楽」カテゴリの記事

コメント

僕は、クラシックを聴くことはあまりなく、知らないので
そのジャンヌについてはあまり語れないのですが、
こら息子さんが言わんとしている事分かるような気が
します。
一過性のブームに終わってほしくないな、というところ
です。
-----
リンクさせて頂きました。

投稿: 北辰H | 2006/01/28 00:20

はい。特にモーツアルトのような右の耳から左の耳に抜けるような音楽の場合、聴きやすい反面忘れるのも速いので、折角聞くならいい演奏を聴いて一歩踏み込んで欲しいんですね。

とわいえ、軽薄短小のこの時代にクラシックが話題に上るというのはそれだけでも面白いですね。

リンクありがとうございました。ココログのPROにしたところでして、webリンクを単独で左右の帯に出せるようCSSをいじってるところなので、うまくいった時点でこちらからもリンクを貼らせていただきますね~。

投稿: こら息子 | 2006/01/28 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 笑う雪だるま | トップページ | インフルエンザになりました »