2017/03/23

高松宮記念2017~フィエロ

Ws000000 展開有利なフィエロ◎。

更新が滞るとだいたい一ヶ月目くらいから海外スパムコメントが鬼のようにやってくるのが「そろそろ更新時期ですョ」みたいに見える今日この頃。

さて、通常は先行馬が残るケースの多い中京芝コース、今開催に限っては差しが決まっている印象で、馬場の作りが明らかに例年と違っている。

従って普通なら春の東京・京都開催では中京で差して届かなかった馬がおいしいのだが、今年に限っては先行して粘れなかった馬が次開催の穴馬となる。

で、フィエロ。ようやく馬体に合った距離に使ってくれたと思っていて、胴の短さ、首の太さ、気性の荒さから見て6ハロン戦がプラスに向くのは間違いない。

中京の重い芝も初めての距離では好都合。そもそもが戦歴の中で戦ってきた相手が違いすぎる。

8歳とは言っても新境地を見せており、これまで35秒台中盤のテンから34秒台で上がっていたのが前走で34秒台→34秒台と駆けることが出来たのだから、千2を戦うに当たっては好走の裏打ちが出来たも同然。

デインヒルの肌だからこういう一貫したペースは得意のはずだし、このコースで連対率トップのディープインパクト産駒から唯一の出走。

栗東坂路を12.1で上がったのは何と遡ること2014年マイルCS以来のことで、この時はダノンシャークの2着。しかもゴール前で仕掛けただけであり、5ハロン53.0という激しい負荷の中でのこと。調子は相当良いと見ていいだろう。

-----★-----★-----

相手筆頭はメラグラーナ。

芝千2が7戦6連対で、唯一の大敗が2.3秒差14着と全く競馬をしていないところからも、ラピスラズリSの圧倒的勝ち方がまぐれでないことの証明となる。

鞍上的にも内田・戸崎の大井ラインというよくあるパターンか。

割って入るなら馬場さえ固ければ34秒台→33秒台という芸当の出来るセイウンコウセイか。

大きなレースだけはいつも来るデムーロのレッドファルクスは、これは騎手買い馬。

さらに、調子が戻ってきた岩田のレッツゴードンキが桜花賞以来の勝利の後で要注目、千2走破タイムを少しずつ詰めている成長力が不気味なナックビーナス、この人が中京で追うと馬が必ず伸びる藤岡康太のトーキングドラムまで。

人気になりそうなシュウジ、ソルヴェイグは先行馬からセイウンコウセイを選んだことから先行先行で決まりにくいと見て後ろ髪をひかれながら無印。

結論
◎フィエロ
○メラグラーナ
▲セイウンコウセイ
注レッドファルクス
△レッツゴードンキ
△ナックビーナス
△トーキングドラム

馬券は◎-(○▲注△△△)の馬複6点

| | コメント (0)

2017/02/16

フェブラリーステークス2017~ベストウォーリア

Ws000000 条件好転のベストウォーリア◎。

千4でベストパフォーマンスを見せるカフジテイクと比べてみれば、前走からの流れで斤量面では当然ベストウォーリアが有利なのだが、調教過程を見ても今回は順調そのもの。

この馬が直前にびっしり追うのは2015年かしわ記念やプロキオンSのような間隔が開いた時で、根岸Sでも3ヶ月近いブランクを挟んでの強い負荷だった。

経過が順調か急仕上げかがわかりやすい馬と言えるが、今回は十分に余裕をもった馬也調整。

それでも根岸Sの直前追い12.7に対して12.4、調子上昇中なのは間違いないだろう。

マイルチャンピオンシップ南部杯を連覇しているように距離適正も問題無し。

また、最後方からのギャンブル競馬になるカフジテイクと比べて、常に好位から伸びるのもG1の乱ペースで活きてくる。

馬券はここから馬よりも津村に期待のカフジテイク、武に戻った逃げが怖いコパノリッキー、もう一頭ゴールドアリュール産駒のゴールドドリーム、前走7着でも直線で盛り返す脚は見せているモーニン、スタミナ面からサウンドトゥルー、もう一歩続きのノンコノユメ迄。

結論
◎ベストウォーリア
○カフジテイク
▲コパノリッキー
注ゴールドドリーム
△モーニン
△サウンドトゥルー
△ノンコノユメ

馬券は◎-(○▲注△△△)の馬複6点

| | コメント (0)

2017/01/01

良い年になりますように

絶望の宝くじ
Ws000000 というわけで新年早々に退職願を出して一生悠々自適に生活する夢は散りました。

ところで去年の紅白歌合戦は「目玉歌手がいない」ということで相当軽く見られていたと思いますが、蓋を開けてみれば白組司会の不慣れな感じを除けば、歌をしっかりと聞かせて近年では最高の出来だったと思います。

やはり基本を押さえたものづくりがとても大切であることを示したのではないでしょうか。

自分の「基本」とはいったい何だろうか、ということをこの2-3日マッタリと考えて、今年一年のスタートを切りたいと思います。

今年もよろしくお願い申し上げます。皆様にとっても良い年でありますように。

| | コメント (2)

2016/12/23

今日入手した2つのアイテム

今日は二つの大事なアイテムをゲット。

一つ目は仲川遙香さんの本『ガパパ』。大丈夫という意味のインドネシア語のガパパです。

Dsc_0021

前から書いているように、アイドルの推しはJKT48のエンジェルちゃんなのですが、勿論同じJKT48の仲川遙香さんには一目置いていて、彼女の動画を見ることは楽しみの一つ。

日本を代表するエンタテイナーに成長しつつある仲川遙香さんの自伝は多くの人が待っていた書籍ではないでしょうか。

そしてもう一つは……、全国展開チェーン店ハレ系の「常連様カード」!!

Dsc_0022

ググればわかるから、あえてどういうカードかは言うまい……。しかし私は最近この世界で働く女性達に強く惹かれていて、それはもう尊敬する職種ベスト3に入るのです。

このカードを入手したところからハレ系攻略はスタート。電話予約大戦に本格参入できるのであります。

| | コメント (0)

2016/12/22

有馬記念2016~マリアライト

Ws000000 馬券の魅力が枠順の不利を上回るマリアライト◎。

そもそも昨年の有馬記念4着とは言っても3着キタサンブラックと同タイム、勝ったゴールドアクターとはコンマ1秒差。

後続に従えたのがラブリーデイやゴールドシップなら非凡な力を順当に示したと言ってよい。

そして今年の宝塚記念でもキタサンブラックと同タイム、2着にドゥラメンテを従えての勝利なのだ。とんでもなく強い牝馬なのは間違いない。

オールカマー5着ではあったが、マリアライトの戦歴を見れば中4週が(3,2,3,4)、3週と2週が(1,0,0,0)なのに対して休み明けは(0,0,2,2)。

この時蛯名が「負けた理由がわからない」とコメントしたのももっともな話で、それはもう理屈ではない叩き良化型の証明なのだ。

エリザベス女王杯は1角の不利が全て。鞍上もあれで意気消沈、この結果は完全無視でOK。

調教面では去年のエリザベス女王杯から有馬記念とほぼ同じ走り出しタイミングだが、今年は1本多く追えており、それはローテの2走で力を余している証拠だろう。

カサの無い同馬にとって55kgで走れる有馬記念は有利、スタートすぐにコーナーを迎える大外の不利は、前走1角の不利を忘れさせる有利にとって替わり、ここはグランプリ連勝と見て大きく買いたい。

-----★-----★-----

相手筆頭もヒネりにヒネってヤマカツエース。

12月から2月に6勝中の3勝を挙げており、寒い季節の一変に期待すると共に、金鯱賞からのローテの有利さを証明する一戦になると見る。

先行天国の中京芝コースで開幕週の大外から差して勝つのは相当な力が無ければ出来ない芸当だろう。

配当妙味の薄いサトノダイヤモンドとキタサンブラックは馬券的にはその次に置く。

以下、中山巧者ゴールドアクター、相手やレースの質に関わらず2着に来る力は持っているサウンドオブアース、近年の出世レースアルゼンチン共和国杯からシュヴァルグラン迄。

結論
◎16マリアライト
○04ヤマカツエース
▲11サトノダイヤモンド
注01キタサンブラック
△02ゴールドアクター
△06サウンズオブアース
△14シュヴァルグラン

馬券は◎の単複と◎-(○▲注△△△)の馬複6点

| | コメント (0)

2016/12/01

チャンピオンズカップ2016と翌週はお休み

多忙につき週中にまったく予想が出来なかったため、今週の予想はお休みします。来週も木曜日に遠方への出張が入っているためお休み。

次回は朝日杯を頑張ります。

今、馬柱を見て思っているのは、松若アポロケンタッキーか津村カフジテイクのどちらかを買いたいなということで、この両者は財布が軽くなってしまった時に実に頼りになる穴騎手であり、今年は特に何度津村に助けられたことか…

ということで敢えて買う馬券を書き残すとすれば、
◎14アポロケンタッキー
○01カフジテイク
そして◎-○のワイド1点を50%買い、残り50%はちゃんと予想したものとなります。

| | コメント (1)

«ジャパンカップ2016~イラプト