2017/10/12

秋華賞2017~カワキタエンカ

Ws000001 逃げ切り期待のカワキタエンカ◎。

北村友一の逃げは"津村の差し"や"水口の好位"と同様に必ず押さえなければならない「残し」の名人なのだ。

ローズSは完璧に交わされたように見えても千4~千6で11.3と直線向いてさらに伸びているわけで、逃げてアラアラとはわけが違う。

その平均ペースのローズSでは34.6-35.1、三面川特別のスローペースでは35.9-33.9で駆けており、いずれもラスト1Fは勝った差し馬とコンマ2秒程度の差で、終いの脚はしっかりしている。

栗東坂路で53.6は同馬のここまで最速であり、このペースでローズSと同タイムのラスト1Fの調教も叩き3戦目の上積みを十分に感じさせるものだ。

横山が乗り変わっての人気落ちならまさにここが狙い目。

-----★-----★-----

カワキタエンカが人気薄で逃げ切るような予想ならピッタリ付いていくアエロリットも残る。G1馬アエロリットが相手筆頭。

まとめて交わすなら前走の再現になるラビットラン、重賞変更でローテの価値が一変した紫苑Sのディアドラ、G1の3戦を全て掲示板確保しているリスグラシュー、前走22kg増で無視出来るならファンディーナ、結局は来る桜花賞馬のレーヌミノル迄

結論
◎カワキタエンカ
○アエロリット
▲ラビットラン
注ディアドラ
△リスグラシュー
△ファンディーナ
△レーヌミノル

馬券は◎-(○▲注△△△)の馬複6点

| | コメント (0)

2017/09/28

スプリンターズステークス2017~ラインミーティア

Ws000001 サマースプリントチャンピオンのラインミーティア◎。

大混戦のスプリンターズSは近10年で16頭が連対しているサマースプリントシリーズから無欲で選ぶことにした。

チャンピオンのラインミーティアは直千専用馬のように見えて、実はその勝ち方が後方から馬群を縫って伸びてくるという味のあるものが多く、新潟得意のメイショウボーラー産駒という事実が引っ掛かりはするものの、脚質的には千2で見劣るものは何もないのだ。

そのアイビーSのラスト1Fは後肢が下がって上半身が起き上がるFRの様相で迫力満点、セントウルSでは内を立ち回った馬が先着する中で外を回ってのモノだから価値は大きい。

しかもアイビーSのコース取りがあるから大外一気の一介のギャンブル馬というわけでもない。西田渾身の騎乗も楽しみな一頭。

シリーズ2位はファインニードル。

この馬の魅力は好位差しの王道競馬が出来ることで、だからこそ大崩れも無い。

北九州記念では周囲に馬が密集してラスト50mしか追っておらず、順調なら3連勝の1番人気になっていたはずの馬。

要は前走抜群の抜け出しタイミングで動けたデムーロに対しての内田というところのみだろう。逆に言えばトライアル戦以上には走れなさそうで微妙な立ち位置。

同率4位の3頭からは唯一ダイアナヘイローが参戦。

上がり馬な感じが絵に描いたようなもの過ぎて話が出来すぎなのが面白みに欠けるが、京都阪神小倉とコースを変えての好走なのだから素直に強くなっているのだろう。

ただし好位からイイ脚で差しているように見えてもだいたいいつもコンマ5秒くらいの前傾タイムであり、どっと最後に押し寄せてくるG1で持ちこたえられるのかが微妙。

しかも鞍上武豊とくればその際に派手な抵抗をせずにズルズルということも十分あり得る話であり、成績ほどの信頼感は持ちにくい。

以下、同率10位の2頭からはフィドゥーシアが参戦。

-----★-----★-----

つまり2017サマースピリントシリーズの上位10頭からはわずか4頭の参戦となった。

これに調教抜群のセイウンコウセイ、レッツゴードンキ、ワンスインナムーンを加えての7頭。と言ってもこの3頭はいつも調教はイイのでこれをもっての上位視はせずに押さえに留めた。

結論
◎ラインミーティア
○ファインニードル
▲ダイアナヘイロー
注フィドゥーシア
△セイウンコウセイ
△レッツゴードンキ
△ワンスインナムーン

馬券は◎-(○▲注△△△)と○-(▲注)の馬複9点

| | コメント (0)

2017/08/12

はやり目になった

はやり目(流行性角結膜炎--アデノウイルス感染症--)になってしまったので防備録。

◆7月26日、友人から左目に目やにがたくさん出てるゾ、と言われる。この時点ではそれ以外に症状無し。

◆7月27日、左目の目やにのせいで朝、左目を自然に開けることが出来ない。手で無理矢理まぶたを開く。そしたら少し充血していた。この時点ではOA用の手持ちの目薬を何度かさした。

◆7月28日、左目が超絶真っ赤に充血。1度ギュッと目を閉じると目やにでまぶたがくっついたままになっちゃうので、指でまぶたを開いてやらないと目が開かない。心なしか目が腫れてきたので急いで午前中に眼科に行く。

病院の受付の人が私を見るなり隔離エリアに誘導。私が開けたドアや触ったところを全て殺菌消毒。椅子もソファではなく硬い素材の殺菌しやすい素材のものに。

眼科でまぶたの裏を見て「あ、流行性角結膜炎ぽいですね。調べます」と言って「涙、いただきます」といいながら綿棒で涙収集。検査キットに綿棒を挿して陽性反応あり。

はやり目の最悪の事態となった写真(黒目にキズがついたり、目に膜がはってめくりとられる途中の写真とか)を次々見せられ、もしかしてこうなるかもしれませんからと言われ恐怖におののく(笑)

「これ、薬まだ開発されてませんから」とのことで「でも、自然治癒を助ける目薬は出します」と言われ、サンベタゾン0.1%とベガモックス0.5%を1週間分処方。後に併せて薬局で500円ほど。

診察料の支払いも受付ではなく隔離エリアでお皿みたいなのにお金を置いて遠巻きに取られる。帰りもドアに触らないよう、看護婦さんが先導して全て自動ドア状態に。

東京では今けっこう流行しているらしく、土曜日になるとはやり目の学生がいっぱい来るらしい。たしかに隔離エリアに椅子がたくさんあった。

-----★-----★-----

「会社行っていいのですか?」と聞いたところ、「子供は学校休まないといけないのだけど、社会人は特に法的には決まっていない」とのこと。

ただし、過去にある会社で大流行になった時に、感染源の人が訴えられたことがあったらしいのだけど、その時に裁判で問題になったのが「だまって出社したこと」だったそうで、この眼科医曰く「判例からいうと上司に言ったうえで出社すれば問題にならないので、会社行ったらすぐに上司に話してください」、と言われる。

そういうわけで上司に報告したところ「あぁ、俺もはやり目になった時、そのまま会社来てたよ、休まないで仕事してね、へへへ」と笑いながら言われる。んー、ちょっとこの件についてはノーコメント。

◆以降、ものすごい充血と涙と目やに。まぶたの裏にぶつぶつが出来てるらしく、目を閉じて眼球を動かすとあきらかにゴロゴロする。このぶつぶつで黒目にキズがつくとやばいらしい。それから少し視力が落ちてるような気がする。鳥目っぽい感じもキツい。目の腫れで顔つきも少し変わった。

◆8月2日(発病後約1週間)、右目も赤くなってきた。

反対側の目にうつさないなんて不可能。朝、起きた時にとてつもない量の涙が出るのだけど、横になってる時にその涙が顔をつたわって反対側の目にまともに入水するんだもの(^^;

◆8月4日(発病後約10日目)再診。やっぱり右目にうつりましたか、と先生。もう1週間分目薬処方しますと言われ、初診の時と同じく隔離エリアで全て終わらせて看護婦さんの先導のもと出る。

後遺症が残る可能性のある病気で十分な経過観察が必要なので治るまで毎週来てくださいと言われる。それから、左右の発病に1週間のズレがあるけど、これたぶん治る時は左右同時に治るよ、と予言される。

この発病後7日目から14日目あたりまでが症状のピークだった。

◆8月8日(発病後約2週間)、一気に両目の充血が薄らぐ。ゴロゴロもなくなって目が軽くなってきた。視力も戻った。嵐のようにやってきて嵐のように去って行った感じ。

◆8月10日再診。目のすみずみを観察して先生、「早っ、さっきの人は3週間でまだ赤いけどあなた治るの早かったね。赤くなってすぐ来たからだね。それからやっぱり両目同時に治ったね」と鼻高々(-_-;

-----★-----★-----

というわけで、私の場合はやや早いらしいのですが発病から約15日でお医者さんの治った宣言。「今日の診察代の支払いは普通に待合室で待ってて受付で払っていただいて結構です」とのお言葉。

とにかく充血のしかたがハンパ無く何かと不自由しましたし、人と普通に接せられない期間が2週間以上あるはやり目ですが、なめてかかるといろいろと後遺症が残ることもあるらしく、実はあなどれない病気であるわけです。

ですがこれで会社を休む人が少ないのも事実で、けっこうヤバい状況を招くことと紙一重な怖い病気なのであります。

| | コメント (2)

2017/07/28

加熱式タバコ3種の神器揃ってgloメインの生活に

加熱式タバコの3種の神器を揃えた時に、

Ws000001

とツイートして随分たちますが、そのレビューがうまく出来ない感じになっています。

というのもこの時点でiQOSの圧勝と感じていたのが、3週間使ってgloの逆転状態になっているからなんです。

元々はJTのWinston CABIN RED 2mgを吸っていて、iQOSに手を出した時にまったく抵抗なく移行でき、何ら不満も無かったものですから、タールの摂取が減ったラッキー感で「おそらくこのままiQOSでいけそうだな」と思っていました。

そしてgloを入手した時にこれが凄く味が薄く感じて、しかも持続時間も短いし吸い口は小さいしでiQOSの圧勝と考えていたわけです。

つまり第一印象は
iQOS>gloの3口目以内>>>gloの4口目以降>Ploom tech

ところが今では
gloの3口目以内>gloの4口目以降=iQOS>Ploom tech

な感じになってきて、むしろiQOSの方が味気が無いというか面白みの無い味で、gloの方が正直旨い。


Dsc_0040

最終的に落ち着いてきたタバコはiQOSがSMOOTH REGULAR、gloがbright tobaccoなんですが、一言で今感じていることを書くと、タバコを吸った時にむせそうになる本物感がgloの方がよりあるのです。

最初にiQOSの方が強く感じたのは、いわゆるニコクラ、ニコチンを摂取している感がiQOSの方があるからで、吸い続けているうちにgloの「タバコ葉の香ばしさ」感に慣れてきて、iQOSのニコチン以外の部分の物足りなさ感が表に出てきたといったところ。

gloの3分半縛りも実際は十分で、iQOSの14服縛りの方が時間的には短い時もしばしばです。そしてよく言われているように清掃を含めた取り回し感はgloの方が楽。


Dsc_0038

Dsc_0039
というわけでとりあえず揃って1ヶ月の時点では、

・通常はglo
・喫煙所で喫煙よりも会話メインになりそうな時はiQOS
・寝る前に3服くらいだけしたい時はPloom tech

といった使い分けを無意識にしている、といった状況です。

| | コメント (0)

2017/06/20

朝ドラ『ひよっこ』のサントラCD買った

完全に『ひよっこ』中毒です。毎日毎日笑いながら泣いてます。

当然のように発売即サントラCDを購入。

Dsc_0033
Dsc_0034
「Letter」とかもの悲しくも切ない曲、「家族~田舎道」のような全編のモチーフになっているような曲、「空の向こうのあなたへ」の胸が熱くなる囁くような名曲、「糧」の起承転結の結的な到達感、その他『あまちゃん』っぽいにおいのする曲が多いのも好み。

さっそくスマホに入れて明日からは通勤電車で聞きますよ。

Screenshot_20170620211833
確実に10月になったら「ひよっこロス」です。『あまちゃん』の時はブルーレイBOX買ってまた最初から見て癒やしましたが、このドラマも買うかも…

| | コメント (0)

2017/06/18

車用のiQOS向け灰皿買った

ドンキに行くと「iQOS用各種商品は当店へ」みたいなポップがあって、確かにシールとかケースとか車載用品とかいろいろなiQOS向けの棚がありました。

とりあえず、車用の灰皿を買ってきましたが、iQOSホルダーを立てておけるのは結構便利なのであります。

Dsc_0031
ホルダー立てだけの商品がたくさんありますが、灰皿とセットになってるのは案外少なくて、これはアリだなと思います。

これまではトヨタ純正の夜になると青く光る6000円くらいする灰皿を使っていましたがお蔵入り。これからは600円くらいのこいつにお世話になります。

| | コメント (0)

«iQOSの煙にプラズマクラスターは反応するか